ケアマネジャム:ケアマネジャー受験を徹底サポート

ケアマネジャー国家試験を応援する情報サイト、ケアマネジャムです。

ケアマネ試験、合格基準ボーダーラインの推移

ケアマネ試験の合格基準は?

ケアマネ試験は年に一回の一発勝負。

その合否についてはこのように記載されています。

介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の区分ごとに、正答率70%を基準とし、問題の難易度で補正する。

つまり、70%以上の点数を取れば合格、ではなく、その年の難易度によって補正されるので、必ずしも70%の点数を取ったからといって合格ではないということです。

それではこれまでのケアマネ試験ではどうだったのか。

そのボーダーラインとなる合格基準点を振り返ってみましょう。

ケアマネ試験、合格基準点(ボーダーライン)推移

区分 全員
支援分野
介護福祉士
医20
看護師
医5+
福15
資格なし
医20+
福15
医師
福15
国家資格
2種
所持者
医総5
合格率
第17回
(2014年)
14点 13点 16点 25点 13点 3点 19.16%
第16回
(2013年)
15点 15点 14点 26点 12点 3点 15.46%
第15回
(2012年)
15点 12点 14点 22点 12点 3点 19.0%
第14回
(2011年)
15点 11点 14点 23点 13点 2点 15.3%
第13回
(2010年)
14点 15点 15点 25点 12点 4点 20.5%
第12回
(2009年)
15点 10点 13点 20点 11点 3点 23.6%
第11回
(2008年)
15点 14点 14点 25点 11点 3点 21.8%
第10回
(2007年)
17点 14点 12点 23点 9点 4点 22.8%
第9回
(2006年)
17点 15点 14点 25点 11点 4点 20.5%
第8回
(2005年)
16点 11点 14点 22点 12点 4点 25.6%
第7回
(2004年)
17点 13点 13点 24点 11点 3点 30.3%

介護支援分野に関しては、25点満点中の13点~17点の間で合格基準のボーダーラインが推移していることがわかります。

25点満点の70%ということであれば、17.5点。

ただ、これまでの推移からみると、70%を下回ったからといって不合格と諦める必要はなさそうです。

それだけ試験の難易度が上がってきていて、ふるい落とすための問題になっていると考えてよさそうです。

保健医療分野は基礎15問+総合5問ですが、20問の試験を受ける介護福祉士等の資格所有者が目指すのは、15問でしょうか。

その年によって合格のボーダーラインの推移も大きいのですが、11点でも合格できている試験もあります。

いずれにしろ、合格通知が届くまでは心配しながら結果を待つことになります。

ケアマネトピックス