ケアマネジャム:ケアマネジャー受験を徹底サポート

ケアマネジャー国家試験を応援する情報サイト、ケアマネジャムです。

ケアマネの給料事情、他職種との比較。

ケアマネの給料ってどのくらい?

ケアマネの給料って、どのくらいなんだろう。

ケアマネの資格をとった後で、ふと思った疑問。

そこで、他職種と比較して、ケアマネジャーの給与がどのくらいかを見ていきます。

妥当?ケアマネの平均月収23万2200円

介護労働安定センターの調査による介護労働者の就業実態と就業意識調査の結果からみると、
介護支援専門員の平均月収(税込み)は23万2200円。

これは非常勤も含めた数字なので、正社員だけに限定すると、24万5900円となっています。

一般の介護職と比較すると、高い数字になっている印象を受けます。

それでは、他職種の平均と比較してみましょう。

職種 平均月収
訪問介護員(正社員) 18万6100円
介護職員(正社員) 19万800円
介護支援専門員(正社員) 24万5900円

かなり差がついています。

これは、ケアマネが実務経験を必要としているため、全体的に年齢も高く、経験年数も多いことが給与の額にも影響しています。

それでは介護周辺職業のなかではどうなのかをみていきましょう。

これは年収でまとめています。

ケアマネの平均年収は385.9万円です。

職種 平均年収
看護師 455.6万円
准看護師 396.3万円
理学療法士 395.1万円
作業療法士 395.1万円
介護支援専門員 385.9万円

残念なことに、准看護師やリハビリ専門職よりも給与は少ないというのが実情です。

そして、一般的なサラリーマンの平均年収は437万円ということで、 比較するとかなり低いのが現実です。

ケアマネの介護報酬は?

ケアマネが実務経験を必要とする専門職でありながら、 給与が低い原因のひとつは居宅介護支援の介護報酬にあります。

現在、居宅介護支援の介護報酬は、一件当たり要介護1、2で1000単位。
要介護3~5で1300単位。

つまり、ケアマネ自体は一件1万円そこそこの金額しか稼げていないのです。

居宅介護支援の介護報酬が上がらない限りは、ケアマネは自社サービスの営業係として働く以外に道はないのです。

介護報酬改定がケアマネジャーにとって、追い風になるものであることを期待しましょう。

ケアマネトピックス