ケアマネジャム:ケアマネジャー受験を徹底サポート

ケアマネジャー国家試験を応援する情報サイト、ケアマネジャムです。

ケアマネ試験、合格率低下の理由

ケアマネ試験の合格率

介護支援専門員実務研修受講試験、一般的に言われるところのケアマネジャー資格試験ですが、その合格率が急激に低下しています。

このケアマネ試験、1998年度からスタートしていますが、初年度の受験者数20万人に対して、合格者は9万人。

44.1%と、半数近くの受験者が合格した計算になります。

ところが、ここ数年のケアマネ試験では、合格率がますます低下。

平成23年度の試験で、ついに合格率は15.3%という、狭き門となっています。

年度ごとの受験者数・合格者数・合格率に関しては、下の表をご覧ください。

年度 受験者数 合格者数 合格率
1998年 207,080人 91,269人 44.1%
1999年 165,117人 68,081人 41.2%
2000年 128,158人 43,854人 34.3%
2001年 92,735人 32,560人 35.1%
2002年 96,207人 29,505人 30.7%
2003年 112,961人 34,634 30.7%
2004年 124,791人 37,781人 30.3%
2005年 136,030人 34,813人 25.6%
2006年 138,259人 28,388人 20.5%
2007年 139,006人 31,758人 22.8%
2008年 133,072人 28,992人 21.8%
2009年 140,277人 33,119人 23.6%
2010年 139,959人 28,703人 20.5%
2011年 145,529人 22,329人 15.3%

合格率低下の理由は?

この急激な合格率の低下の理由を考えます。

初年度は当然、有資格者の絶対数が必要になるわけですから、高い合格率になるというのは理解できます。

なので、最初の2年間の40%台という合格率は別として、それ以外の年度の合格率に着目してみます。

30~35%台という合格率がで推移していたものの、20%台へ大きく下降し、ついには15%台に落ち込んでいます。

ケアマネの平均担当件数は現在平均すると30件未満と言われており、地域による差はあるとはいえ、ケアマネは人数としては余っている計算になります。

さらに、ケアマネジャーの質の問題が大きな課題と言われていることもあって、あえて合格者数を低く設定しているわけではないことが考えられます。

介護福祉士からケアマネに。ステップアップへの大きな壁

もちろん、出題が実践的な問題が多くなり複雑化しているということも、ひとつの要因として考えられます。

さらに、大きな要因は、介護職の受験者数の急増です。

医学などの専門知識に弱い介護職にとって、医学関連の問題の出題範囲の広さは、大きな障害となります。

看護師等の医師以外の医療職も、免除される問題数は15問となり、介護福祉士等の介護系国家資格保有者と変わりませんが、 免除される問題の質の違いが、介護と看護の合格率を分ける大きな違いとなります。

基礎的な学力において、看護師の方が高い傾向にあったり、実働時間や経験・知識も豊富であったり、それ以外にもさまざまな要因が考えられます。

さらに、解答免除のない国家資格を持たない受験者が増えていることも、合格を阻む大きな壁となっています。

それでも、介護職のケアマネジャー試験受験者が増加しているというのは、 介護職のキャリアプランとして、ホームヘルパー2級→介護福祉士→ケアマネジャーというルートが確立されつつあるということではないでしょうか。

介護の人間が増えたから、ケアマネジャー試験の合格率が減っている、なんて言われるのも介護の人間としては悔しい部分もあり・・・。
介護職のみなさん、ケアマネ試験がんばりましょう。

ケアマネトピックス